【ミュゼプラチナムの予約変更】キャンセル料は?予約変更やキャンセルの方法

【ミュゼプラチナムの予約変更】キャンセル料は?予約変更やキャンセルの方法

  1. ミュゼプラチナム【ミュゼ会員の方】予約変更・キャンセルの方法
    1. ミュゼの予約変更・キャンセルの方法1・会員サイト
    2. ミュゼの予約変更・キャンセルの方法2・アプリ
    3. ミュゼの予約変更・キャンセルの方法3・電話
    4. 【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは電話またはWEBで行う
  2. ミュゼのペナルティについて/予約変更するとキャンセル料が発生する?
    1. ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません
    2. 当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない
    3. ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる
      1. ミュゼの契約期間について
      2. ミュゼの回数保証制度について
  3. ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?
    1. ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK
    2. 当日キャンセルに該当するもの1・お手入れ開始時間までに来店がない
    3. 当日キャンセルに該当するもの2・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル
    4. ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能
  4. ミュゼの無断キャンセルはどうなる?
    1. 無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる
    2. 無断キャンセルでもペナルティは発生しない
    3. 無断キャンセルをしても次回予約は取れる
  5. ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?
    1. ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる
    2. ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)の施術はできない
    3. 両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない
    4. 全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能
    5. 生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ
  6. ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

ミュゼプラチナム【ミュゼ会員の方】予約変更・キャンセルの方法

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法1・会員サイト

ミュゼプラチナムの予約変更やキャンセルの方法を紹介します。

まず1つ目に、会員サイトから手続きする方法があります。

変更・キャンセルの流れは以下の通りです。

ログイン

変更・キャンセル

変更・キャンセルしたい予約を選ぶ

希望を入力する

1.はじめに会員サイトへログインします。

ログインには、会員番号またはメールアドレスとパスワードが必要になります。

会員番号は契約書に記載があるので、確認しておきましょう。

ログインは、パソコンとスマホどちらからでもOKです。

2.ログイン後、パソコン環境の場合は、「お手入れ予約・変更」から手続きに入ります。

スマホの場合は、「変更」または「キャンセル」から手続きに入ります。

3.現在の予約状況が一覧表示されるので、ここで予約の変更またはキャンセルしたい任意の予約を選びます。

4.選んだ予約の予約変更またはキャンセルの手続きをします。

会員サイトでは、24時間いつでも予約変更・キャンセルすることが可能です。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法2・アプリ

つぎに、スマホ公式アプリ「ミュゼパスポート(MUSEE PASSPORT)」から手続きする方法を紹介します。

こちらの方法は、あらかじめアプリをダウンロードしておく必要があります。

iPhoneをお使いの方はAppleStoreから、Androidスマホをお使いの方はGoogleplayからダウンロードをお願いします。

変更・キャンセルの流れは以下の通りです。

ログイン

変更・キャンセル

変更・キャンセルしたい予約を選ぶ

希望を入力する

1.先ほどと同様に、はじめに会員へログインします。

ログインには、会員番号またはメールアドレスとパスワードが必要になります。

会員番号は契約書に記載があるので、確認しておきましょう。

2.ログイン後、「変更」または「キャンセル」から手続きに入ります。

3.現在の予約状況が一覧表示されるので、ここで予約の変更またはキャンセルしたい任意の予約を選びます。

4.選んだ予約の変更またはキャンセルの手続きをします。

アプリでは24時間いつでも変更またはキャンセルすることが可能です。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法3・電話

最後に、電話で予約変更またはキャンセルする方法を紹介します。

こちらの方法は、「ミュゼプラチナム会員さま専用ダイヤル」から連絡します。

受付電話番号は、0570-007830(全日午前9時から午後6時まで)となっております。

会員サイトやアプリと違い、受付時間が限られているので、注意が必要です。

このほか、予約店舗の直通電話ではなく、専用ダイヤルでしか受付をしていないという点にも注意してくださいね。

受付時間外の場合は、迷わず会員サイトもしくはアプリで手続きを済ませましょう。

また、「特別会員さま専用ダイヤル」という通い放題プランの契約者を含む、特別会員専用の電話番号もあるようですが、公には公開されていません。

契約後のご確認となるようです。

【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは電話またはWEBで行う

ここまで、すでに会員になっている方向けに、予約の変更とキャンセルの方法を紹介してきました。

ここでは、これから会員になろうとしている方向けに、「無料カウンセリング」の予約変更とキャンセルの方法について紹介します。

無料カウンセリングの変更とキャンセルは、電話またはWEBで行うことができます。

当然ですが契約前は、会員専用アプリを使うことができませんので、電話またはWEBでの手続きとなります。

電話番号は、0120-489450(午前9時から午後6時まで)となっており、カウンセリング予約した時と同じ番号です。

電話は、受付時間が限られているので、いつでも手続きができるWEBがおすすめです。

ただし、WEBで手続きするためには、申し込みをWEBでしたときの受付メールが必要になります。

受付完了のメール内に変更・キャンセルのURLがあるので、そちらからアクセスして、手続きを済ませましょう。

まだ契約してないとはいえ、変更やキャンセルがある場合は早めに連絡を入れるようにしましょう。

関連ページ:【ミュゼプラチナムは予約取れない?】予約や空き状況の確認方法はアプリが簡単

ミュゼのペナルティについて/予約変更するとキャンセル料が発生する?

ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません

ミュゼプラチナムでは、予約の変更やキャンセルによるペナルティ(キャンセル料)がありません。

ペナルティがないからと言って、連絡しなくていいわけではなく、予約時間の24時間前までに連絡を入れないといけません。

つまり、予約時間が9時の場合には、前日の9時前までに連絡するということになります。

24時間以内に連絡できなかった場合には、当日キャンセルという扱いになってしまいます。

当日キャンセルになっても、残りの施術回数から1回分が消化されたり、キャンセル料金の発生といったペナルティが課されることはありません。

しかし、当日キャンセルの場合、即時のペナルティが無くとも解約時の返金に影響が出るので注意が必要です。

次に解約時の影響について詳しく説明します。

当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない

ミュゼプラチナムでは、当日キャンセルになった場合でもペナルティが発生しませんが、万が一にも途中で解約になってしまった時に、当日キャンセルした回数分だけ返金額に影響してしまいます。

例えば、12回コースを契約して10回通った時に解約したとします。

この場合、通常であれば施術回数が2回分残っているので、2回分返金されます。

当日キャンセル無し
契約回数-施術回数=返金回数
12回-10回=2回分返金

しかし、当日キャンセルを2回していると、合計で12回通ったことになり、返金額は0円となるのです。

当日キャンセル有り
契約回数-施術回数-当日キャンセル回数=返金回数
12回-10回-2回=0回(返金なし)

そもそも途中解約しないつもりの人や通い放題プランの方、回数コースでも全て消化するまで通う人には関係のない話かもしれません。

当日キャンセル自体にペナルティはないので、体調と相談しながら無理せず施術を受けましょう。

ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる

ミュゼプラチナムには、「回数保証制度」があるため、契約期間内であれば、契約した回数分の脱毛を受けることが保証されています。

極端な話、12回コースを契約していて、当日キャンセルを12回しても、契約期間内であれば、予約を取り直すことによって、12回分しっかり通うことができます。

回数保証がないサロンもあるなか、ミュゼの「回数保証制度」は安心できますね。

このため、無理に通う必要がなく、子供の急な体調不良やご自身の体調不良・生理、急用などでも変更・キャンセルができ、施術回数が減ることがありません。

先ほども述べた通り、契約期限が切れたり途中解約しない限りは大丈夫なので、契約の施術回数分の最後まで通いましょう。

ミュゼの契約期間について

先ほど「契約期間内」であれば、回数保証されると述べましたが、ミュゼプラチナムの契約期間はどれくらいなのか紹介していきます。

現在、ミュゼの契約期間は基本的に3年間となっています。

一定の条件を満たすことにより、延長することが可能で、最長5年間の契約期間にすることができます。

この場合の条件とは、基本の契約期間3年の間に1度でも施術を受けることです。

つまり施術を受けることで1年延長となります。

この後の1年でまた施術を受けることで、さらに1年延長することができます。

当日キャンセルを繰り返してもペナルティがなく回数保証がありますが、契約期間内には通いたいところです。

契約期間は、ミュゼの会員サイトや公式アプリで確認することができるので、確認しながら過ぎてしまうことがないように注意しましょう。

ミュゼの回数保証制度について

先ほども触れた通り、ミュゼには、「回数保証制度」があり、契約期間内であれば、契約した回数分の脱毛を受けることが保証されています。

つまり当日キャンセルしたとしても、契約した回数が消化されることなく、残り回数が保証されているということです。

繰り返しになりますが、回数は保証されていても、それは契約期間内であるということが条件です。

契約期間は、最長で5年です。

3ヶ月に1回の施術ペースだと、5年で20回です。

これを目安に計画的に予約を取るようにしましょう。

また、ミュゼには休会制度があります。

妊娠・授乳中など施術できない期間は休会制度を利用することをおすすめします。

休会制度を利用することで、無駄に契約期間を経過させることを防ぐことができます。

ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?

ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までに手続きしなければなりません。

具体的には予約日時が7月8日9時の場合、前日の7月7日8時59分までに手続きが必要です。

【予約】7月8日9:00 ⇒ 7月7日8:59までに

この場合、7月7日は電話キャンセルの受付時間外のため、会員サイトもしくはアプリで手続きをしましょう。

7月6日であれば、午前9時から午後6時まで電話でもキャンセル・変更が可能です。

先ほども述べていた通り、24時間前までに変更・キャンセルの手続きをしなければ、当日キャンセルになってしまいます。

ミュゼの場合、当日キャンセルになっても施術回数が消化されたり、キャンセル料が発生したりすることはありません。

しかし、当日キャンセルになると、途中解約や契約期間満了になった場合に、返金額から当日キャンセル分の施術料金が差し引かれてしまいます。

契約期間内に施術回数を消化できる方や、途中解約しない方には関係ない話ですが、万が一に備えて当日キャンセルはなるべく避けておいたほうが良さそうです。

当日キャンセルに該当するもの1・お手入れ開始時間までに来店がない

それでは、当日キャンセルに該当するものを見ていきましょう。

当たり前のことですが、お手入れ開始時間までに何の連絡もしないままサロンに行かないと、当日キャンセルになってしまいます。

遅れてしまいそうなときは、あきらめずに必ず連絡を入れるようにしましょう。

遅れた場合でも、残りの時間で施術してもらえることもあるようです。

遅刻に対して明確な規定はないようですが、おおよその目安は10分くらいがリミットみたいです。

それ以降は、当日キャンセルになりますので、間に合わないにしても必ず連絡を入れるようにしましょう。

サロンにも他のお客さんにも迷惑が掛かってしまいますので、気持ちよく通い続けるためにも、「連絡なしで行かない」ということはやめてくださいね。

当日キャンセルに該当するもの2・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル

次に、お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセルが、当日キャンセルになってしまいます。

具体的には予約日時が7月8日9時の場合、前日の7月7日9時以降に手続きした場合です。

この場合、7月7日の電話キャンセルの受付開始時間である午前9時に電話を入れても、当日キャンセルになってしまうので注意しましょう。

当日キャンセルにならない
【予約】7月8日9:00 ⇒ 7月7日8:59まで
当日キャンセルになる
【予約】7月8日9:00 ⇒ 7月7日9:00から

このため、24時間受付可能である会員サイトや公式アプリが便利です。

当日キャンセルになった場合でも、前述の通り、ペナルティやキャンセル料が発生することはありません。

しかし、当日キャンセルは、契約期間切れになったり途中解約の場合にデメリットになるので、なるべくしないほうが無難と言えるでしょう。

急な変更やキャンセル以外は、ご自身の予定や体調などと相談しながら余裕をもって予約を取るようにしたいところですね。

ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能

ミュゼプラチナムの公式アプリ「ミュゼパスポート」では、キャンセル待ちをすることが可能です。

当日キャンセルになってもならなくても、次の予約を取らなければ施術を受けることはできませんね。

キャンセルした場合に、次の予約がなかなか取れないとガッカリしてしまいますが、ミュゼパスポートには、キャンセル待ちの機能があり、キャンセルが出た場合に通知してくれます。

アプリに希望の日時と店舗を登録しておくだけですので、簡単ですし、通知が来るので会員サイトみたいにリアルタイムでずっとチェックしておく必要がありません。

また、キャンセル待ち以外には予約機能も充実しており、当日・翌日・1週間以内の予約が簡単にできるようなアプリのつくりになっています。

このほか、クーポンやキャンペーン、モニター企画など会員限定の特典がたくさん準備されているので、ぜひアプリをダウンロードしておくことをオススメします。

ミュゼの無断キャンセルはどうなる?

無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる

当然ながら、無断キャンセルは当日キャンセルと同じ扱いとなります。

つまり、ペナルティやキャンセル料が発生することはありませんが、途中解約になった場合にデメリットである当日キャンセルとしてカウントされるということです。

ある意味、ドタキャンをしてペナルティがないってすごいことですよね。

しかし、人として約束を守らず、「連絡もしないでそのまま」ということをしてはいけませんよね。

体調不良や寝坊、電車の遅れなど理由はどうであれ、当日キャンセルにという結果が同じでも、無断キャンセルをすると、サロンとの関係性や信頼性を失うことになりかねません。

また、こちらがお金を払っているからと言って、世の中、何でもありというわけにはいきませんね。

どんな理由であっても、キャンセルする場合は早めに連絡を入れるようにしましょう。

受付電話番号は、0570-007830(全日午前9時から午後6時まで)となっております。

無断キャンセルでもペナルティは発生しない

先ほど述べた通り、無断キャンセルは当日キャンセルと同じ扱いになります。

つまり、ペナルティもキャンセル料の発生もないということです。

予約を取り直せば、契約した回数分の脱毛を受けることができます。

これを「回数保証制度」ということで、紹介しました。

当日キャンセルのデメリットは、解約時に当日キャンセルの回数分が返金金額から差し引かれることでしたね。

無断キャンセルと当日キャンセルの扱いが同じというのは、ミュゼのすごいサービスだと思います。

しかし、何度も述べているように、ペナルティがないからと言って無断キャンセルすることは控えましょう。

次回、行き辛い気持ちになるのは自分自身ですし、何度も通うサロンなので、気持ちのいい関係を保ちたいです。

大人の女性として、心も肌もキレイでいたいですね。

無断キャンセルをしても次回予約は取れる

ミュゼプラチナムでは、無断キャンセルをしても次回の予約を取ることができます。

注意したい点は、キャンセルの処理をしなければ、すぐに次回の予約が取れない場合があるということです。

アプリなどはシステムの関係上、無断キャンセルした場合に、キャンセル処理をしないと一定期間、予約が残ったままになってしまいます。

直ぐに予約を取り直したい場合は、予約をキャンセルしないとシステム内の予約状況も更新されず、予約している状態のままになっているということです。

電話でキャンセルが言いづらいという人は、会員サイトや公式アプリでもキャンセルはできますので、必ず処理するようにしましょう。

基本的に、予約時間を過ぎるとサロンから電話連絡が来ますので、例えば「今日は都合が悪くなり、行けなくなりました。連絡できず、すいません。」と伝えることでキャンセルの手続きをしてもらえます。

次回は遅れることなく行くようにしましょう。

ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?

ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる

ミュゼプラチナムでは、生理などの急なキャンセルにも対応しています。

この場合、すでに述べている通り、キャンセルした時間によって扱いが異なります。

時間によって、通常のキャンセルと当日キャンセル、どちらかの扱いになります。

生理だからと言って、特別なキャンセルとはならず、あくまでいつキャンセルしたかによって決まるので、注意が必要です。

周期的に来ると言われている生理ですが、不規則に来る人もいると思います。

不規則に来てしまう人は、生理が来たらなるべく早く変更・キャンセルの連絡を入れるか、VIO以外の施術はできるので、体調が良ければそのまま施術を受けるのも良いでしょう。

また、体調が優れず予約直前に生理が来た場合は、当日キャンセルもやむを得ないと思います。

生理が重い方や来る気配がわかる人は、生理予定日周辺に予約を入れず、当日キャンセルにならないようにしましょう。

変更やキャンセルの場合も、早めに連絡し手続きするように心がけましょう。

ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)の施術はできない

ミュゼプラチナムでは、生理中にデリケートゾーン(VIO)の施術をすることはできません。

なぜなら、生理による経血の感染予防のためもありますが、PMSといって月経前症候群によって、身体的にも精神的にも不安定になりやすい時期だからです。

身体的には肌荒れが起きたり頭痛・腹痛・腰痛などが起きることもありますし、精神的にはイライラしたり落ち込んだりと不安定になったりします。

この時期は、ホルモンバランスが乱れがちになりますし、脱毛効果が低下する可能性があります。

また、体が敏感になっており、肌トラブルが起きやすい状態でもあります。

ミュゼでは、生理中でもVIO以外の施術はできることになっていますが、ご自身の体調と相談しながら無理することなく脱毛するようにしましょう。

両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない

ミュゼプラチナムでは、生理中でもVIO以外の施術はできることになっていますが、基本的にはVIO以外の部位(パーツ)の契約の場合です。

例えば、フェイシャル脱毛コースなどは脱毛できます。

逆に、ミュゼ1番人気の「両ワキ+Vライン脱毛完了コース」の場合、生理中に両ワキだけの脱毛はできないことになります。

例外として全身美容脱毛コースだけは、VIOを別の日に振替することが可能のようです。

しかし、全身美容脱毛コースに契約していた場合でも、VIOだけ別日に予約を取り直すことは、予約の手間やサロンに2度通うことを考えると、現実的にはキャンセルしたほうが良さそうです。

ミュゼでは、予約の変更やキャンセルにペナルティがありません。

体調や何度も施術に通うことを考えると、生理中ではなく体調のいい時に1度で施術してもらうほうが、時間的にも身体的にもメリットが多いと言えそうですね。

全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能

ミュゼプラチナムでは、原則、VIOの施術を含むプランでは、生理中にその他の部位も脱毛することができません。

しかし、例外として全身美容脱毛コースだけは、VIOを別の日に振替することができることになっています。

このため、脱毛当日に体調さえ悪くなければ、VIO以外の部位の脱毛ができることになります。

この場合、事前にVIOの脱毛のキャンセルの連絡を入れて、その分の予約を早めに入れておくことをオススメします。

電話で直接オペレーターと話したほうがスムーズだと思います。

ただ、前述の通り、何度も通うことや施術時間のことを考えると、生理中はキャンセルして、体調が整っていて効果が高まりやすいときに施術を受けたほうが良さそうです。

生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ

ここまで、ミュゼプラチナムでは、生理中でもVIOの脱毛ができることを紹介してきました。

しかし、生理中は肌や体調が不安定のため予約の変更やキャンセルをしたほうが無難ですし、おすすめです。

なぜなら、ミュゼには予約の変更やキャンセルにペナルティがないからです。

また、生理中はホルモンバランスが乱れており、脱毛の効果が出にくいこともあります。

そのうえ、肌が敏感になっている可能性が高く、肌が赤くなってしまったり、痛みを感じやすくなることもあります。

このことから、生理が来そうなときや来てしまった場合は、なるべく早くキャンセルまたは変更の手続きをして、次の予約を取ってしまいましょう。

ミュゼには回数保証制度があるので、無理することなく効果が出やすい時に施術を受けたほうが良いと言えます。

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

ここまでミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについて紹介してきましたが、まとめてみますと、予約変更・キャンセルをする方法は全部で3つでした。

1.会員サイトより予約変更・キャンセルする
2.公式アプリ「ミュゼパスポート」より予約変更・キャンセルする
3.電話受付よりを予約変更・キャンセルする
0570-082-489(全日受付時間9:00~18:00)

1.(WEB)と2.(アプリ)が24時間受付です。

3.(電話)は受付時間に制限があるので注意しましょう。

このほか、ミュゼプラチナムでは予約変更やキャンセルによるペナルティが一切ありません。

デメリットは解約するときに、返金金額より当日キャンセルした回数分だけの料金が差し引かれてしまいます。

当日キャンセルすればするほど、返金額が少なくなってしまいます。

解約しない人には関係ないですが、万が一のこともあるので、なるべく当日キャンセルにならないように注意していたほうがいいでしょう。

関連ページ:【ミュゼの口コミ】脱毛サロンの安い料金では効果ないの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました